読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんにわ きろく

自分が経験したこと、表現したいことをきろくしてある場所です

ヒプノセラピー体験2 天土のおと

セッションスタートの前にスムーズに催眠状態に入れるように

クリスタルボウルをしばらく演奏していただきました🌌✨🌌✨

CDで聞いたり、浄化のために1つを鳴らすとかは聞いたことがあったけど、

生演奏は初めて💕

こんなにも音の幅があって空間に広がって、空気や鼓膜や、ナカを揺らしていく事に感動

こっちにいるはずなのに、音は私を包んでいくように聞こえる。あれ、どこにいる?わたし(笑)

 

どれくらい催眠状態に入ってってるか確認を取りながらだんだん深く入っていきました。私の中で一番鮮明に感じた場面

 

 

「川の中を覗いてみましょう」過去の自分がいます。

 

そこから現れたのは暗い映像。
顕在意識も邪魔をするから、何見てんだろ私。映画のワンシーンなのかなって思うような。現在の私では遭遇しないであろう映像

 

川から現れたのは鉄格子と、その内側にいるであろう「ワタシ」の手。出してって手を伸ばすように見える。

 

誘導で過去のワタシに、どんどん近づいていく。

私の真後ろに今いる。


誘導が近くなるごとに苦しくなって、

怖い、悲しい のような感情が私の体におきる。

映画のシーンに、自分で勝手に入り込んでいるのかもって思うような。非現実的な様子。


どんなワタシだったかというと、細くグレーに見える肌、ボロの布を巻いただけの痩せて汚れた体、伸びきった前髪で顔は見えず、したを向いている
いつかの映画の登場キャラクター(ゴラム)のようなすがた。

レンガか石を集めた湿っぽいカビ臭い薄暗い所に1人閉じ込められていて、食事は床に置かれたトレーにパンとスープだけ。

閉じ込めれれている。


いろんなシーンに飛んでみても一番リアルに出てきたのはこのこ

どこにいても1人でいる。

苦しい、怖い、悲しい、寂しいが押し寄せて、目をつむった今の私は涙が止まらないし呼吸も浅くなるばかり。顕在はびっくり!!

 

他にも違う人や場面に切り替えてみるけれど、基本一人(..)

何か境界線があって外の世界と分断されているか、踏み出せないでいる

ただ見ている。とか

 

途中眉間に力が入りすぎていたと言えばそうだが、頭の一点が痛い(-_-#)

それを伝えると、それにも原因があって

そのまま残しておくことも、原因ごと消し去ったり、書き換えたりすることもできるそうなのです。

私の場合。

ちゃんと私にサイン送ってくれていたのだから、ちょっと離れたところで見守っていてくれるよう、痛みの原因となる感情を少しアピール力薄く書き換えてもらいました。

 

未来の私にも会いに行ったり、サポート(守護)してくれる存在に会いその中に意識を落とすことで、メッセージを直接受けたり。

若干寝落ちしちゃってるのかと思うような、私今何って言った?みたいなこともありながら、今後の自分と向き合うため、現在の意識レベルに戻ってきました。

 
f:id:Na-lani:20170305024430j:image


何か見えないものを見たサイキックな事が起きたのではなく、浮き上がってくる画像を目で追いながらリアルな私が話す。何とも不思議な体験でした。

 

今に至るまでの沢山の過去の中、いまの自分に必要な過去がメッセージとして現れるから、それがクリアになればその過去もお役目終了。ありがとう💕気づかせてくれて。

 

 疎外感、孤独、恐怖、悲しみなどなどは、もしや今の私のココとリンクしてるのかな?

 だから、こんな事しちゃったりしてたのかな?思い当ってしまう。

 

でも、過去はそんなにも壮絶だったけど、今私が生きているココはそうじゃない。

過去の経験をココでまた経験しなくていいのだから。

この訳もわからず生まれてくる不安やおそれなどの感情、今起きている違和感は、過去から刻まれてきたキオクなだけなのだから、今は必要ではないんだよ。

手放すことは簡単なんだよって思わせてもらいました。(*^^*)

 

 過去のワタシも現在のワタシも人に触れる事。それが喜び

 

そして思ったこと、

自分って何?

何がしたいの?って人から聞かれますが、そんなん知らんし。

あれもしてみたいこれも経験してみたい、ネガティブに言えば、やめる、あきらめる、飽きると思われますが

見方をかえれば変化し続けて、これって決め過ぎない、好奇心のままに自分の行きたい方向を見ればいいって。今回の体験は思わせてくれました。

 

またゆかちゃんの天女のような佇まい。言葉や表現の豊かさ、安定感。

季節のものを食べたり、自然と共に暮らす。

そんな豊かな過ごし方を私もしたいなぁと「憧れ」が生まれました。